明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 CD BOOK 〈引きつける〉話し方が身につく本
ビジネス書
CD BOOK 〈引きつける〉話し方が身につく本
CD BOOK 〈引きつける〉話し方が身につく本
この本の感想を書くファンレター/質問する
著 者
倉島 麻帆
定 価
1500円+税
初版発行
2016.04.14
ISBN
978-4-7569-1828-4
ページ
240
版 型
B6並製

・紹介文

言葉の言い回し、声の抑揚、イントネーション、テンポをまなび、自信のある話し方、共感を得られる話し方、フレンドリーな話し方、かしこまった話し方などを自由自在に使い分けられるようになれます。
また、軽薄な話し方、胡散臭い話し方、せせこましい話し方などがやめられます。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

第1章 聴き取りやすいきれいな声の出し方
いい声を出す姿勢・腹式呼吸 
 ■ 最もいい声が出る姿勢 
 ■ 腹式呼吸の効果 
 ■ 腹式呼吸のトレーニング 
滑舌・発声トレーニングで「信頼感」と「説得力」のある声になる 
 ■ ハミングをしてみよう! 
 ■ リップロールをしてみよう! 
 ■ 喉を開いてみよう! 
 ■ ロングトーンをしてみよう! 
 ■ 滑舌・発声練習 
 ■ 北原白秋の『五十音』 
 ■ 言葉のトレーニング 
 ■ わりばし滑舌トレーニング 
 ■ 身体を使った声を出すトレーニング 
舌ったらずが気になる方のための舌癖トレーニング 
 ■ 舌を動かすトレーニング 
 ■ 舌を引き上げるトレーニング 

第2章 相手の心を動かす話し方「4つのスキル」
抑揚(イントネーション) 
 ■ 一本調子は子どもからも好かれない 
 ■ 抑揚で気持ちを伝えよう 
 ■ 山型の抑揚(イントネーション)で話す 
 ■ 正しいアクセント4つのパターン 
強調(プロミネンス) 
 ■ 大事な点を相手の心に響かせる強調の技術 
 ■ どこを強調するかで意味が変わる 
 ■ お腹から出すことが強調の秘訣(キャッチボール感覚で) 
間(ポーズ) 
 ■ 早口の人は、間を取るのが怖い? 
 ■ 大切なことを言う前には2、3秒の間を入れる 
 ■ 注目を浴びたいときに間を入れる 
 ■ 好かれるには、相手に合わせて間を使おう 
緩急(チェンジオブペース) 
 ■ スピードや距離が表現できる 
 ■ 時間が表現できる 
 ■ 声の大きさ・高さに緩急をつける 
ビジネスフレーズをマスターする 
 ■ 明るい挨拶の声 
 ■ 温かい気持ちで応対する声 
 ■ 質問したり、たずねる声 
 ■ お礼の気持ちや感謝を伝える声 
 ■ 礼儀正しく敬意を伝える声 
 ■ 誠意を持ってお詫びする声 
 ■ 意欲をみせる声 
ビジネススピーチで練習する 
 ■ 会議での司会 
 ■ 商談でのプレゼンテーション 
 ■ 自己紹介 
 ■ 聴覚的NG要素 

第3章 好印象をもたらす聴き方・話し方のコツ
1対1の聴き方のコツ 
 ■ 好かれる聴き方のコツは「あいうえお」 
 ■ ペーシングからリーディング 
 ■ 信頼関係を深める「YESセット」 
ほめる技術を磨く 
 ■ 人を喜ばせるだけでなく、自分のセルフイメージも上げる 
 ■ ほめ言葉は「さしすせそ」
お客様・周りと仲良くなるプラスアルファの会話 
プラス話法を使って話を円滑に 
右耳に話しかける 
アドリブ力をつける 

第4章 好感度が増す表情のつくり方
表情で「得する人・損する人」とは 
第一印象の重要性と印象アップのポイント 
笑顔が自分の心理面に及ぼす影響、相手に与える影響 
 ■ 魅力的な笑顔とは 
輝く笑顔になるためのレッスン 
 ■ 舌回し体操 
 ■ 口周りの筋肉を柔らかくするおたふくエクササイズ 
 ■ 「い」でスマイル 
 ■ わりばしエクササイズ 
 ■ ウキウキ運動 
 ■ 目の表情を豊かにする(目力アップ)トレーニング 
 ■ 身体を使った「笑顔トレーニング」 
やっぱり見た目も大切 
 ■ 色を戦略的に使おう 

第5章 話に引きつける身体の動かし方
日本人はプレゼンが苦手な民族 
人前で話すときの「ポーズ」 
 ■ 人前で話すときのNGポーズ  
 ■ 人前で話すときの正しいポーズ 
 ■ プレゼン時に減らしたいジェスチャーノイズ 
 ■ まばたきを少なくする 
人前で話すときの「動き方」 
 ■ 効果的なジェスチャーとは 
 ■ 空間を自由に使う 
 ■ 引きつけるアイコンタクト(視線) 
 ■ ながら動作はせず、1回1動作を心がける 
 ■ 視覚的NG要素 

第6章 相手が耳を傾ける話し方
わかりやすく説明する方法 
 ■ 1文を短くする 
 ■ 聴き手に合わせた適切な言葉・内容を選ぶ 
 ■ 耳で聞いてわかりやすい、やさしい言葉を使う 
話の順序を構成する 
 ■ SDS法 
 ■ PREP法 
 ■ 時系列法 
 ■ 起承転結法 
話が面白くなる秘訣 
聴き手を引きつけるテクニック 
 ■ 数字データや固有名詞を盛りこむ 
 ■ 比喩を使う 
 ■ 引用(ことわざ・慣用句など)や権威の力を使う 
 ■ エピソードやセリフを入れる 
 ■ オノマトペで心にグッと届ける 
最後はやっぱり情熱・想いが大切 
 ■ 人を動かす3つの要素 
 ■ プレゼンにミッションを忘れない 

第7章 あがり症にサヨナラする方法
あがりすぎないようにやるべきこと! 
 ■ ユーストレスとディストレス 
 ■ 事前準備を怠らない 
 ■ 成功をイメージし笑顔をつくる 
 ■ 自分を第三者として客観的に見る 
 ■ アンカーリングを使う 
 ■ 香りの活用 
 ■ うなずいて聞いてくれそうな感じの人を見つける 
 ■ 身体を動かす 
 ■ 耳の「神門」を刺激する 
段階的リラクゼーション法 
シュルツ博士の「自律訓練法」 

東京都 T.Tさん 60代 女性
2016年5月 2日 14:30

とてもいい勉強になりました
もっと、勉強したくなりました

滋賀県 I.Nさん 女性
2016年5月 2日 14:34

内容のわかりやすさ、具体的な事例の多さが決め手で購入。
読んでみてわかりやすく、よい内容だった

新潟県 M.Aさん 30代 女性
2016年6月 8日 14:03

CDのトレーニングして、滑舌や話し方に少し自信がついた

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/5285
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税