明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 伝わるメールが「正しく」「速く」書ける92の法則
ビジネス書
伝わるメールが「正しく」「速く」書ける92の法則
伝わるメールが「正しく」「速く」書ける92の法則
この本の感想を書くファンレター/質問する
著 者
山口 拓朗
定 価
1400円+税
初版発行
2017.2.19
ISBN
978-4-7569-1881-9
ページ
232
版 型
B6並製

・紹介文

何を言いたいのか分からない、というメールを書かないようにするため、よいメールの書き方とダメなメールの書き方を比較しながら解説します。
また、おかしな敬語や間違った日本語を使わないい書き方をマスターできます。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

まえがき

第1章 伝わる文章の基本ルールを学ぼう
01 「一文は短く」が、伝わるメールの基本 
02 必要な「主語」や「目的語」は省略しない 
03 情報を過不足なく盛り込む方法【「6W3H」活用のススメ】 
04 「主語」と「述語」は、ねじらずに正しく対応させる 
05 「数字」や「固有名詞」を使って、具体的に書く 
06 「修飾語」と「被修飾語」を近づける 
07 「重要な情報」は先に伝える 
08 「二重否定」を避けて、好印象を勝ち取る 
09 「受動態」ではなく「能動態」を使う 
10 同じ情報は分断させずにまとめて書く 
11 「品詞」と「言葉の使い方」をそろえる 
12 「こそあど言葉」に依存するのは危険! 
13 「冗長メール」よりも「簡潔メール」が喜ばれる 
14 読点(テン)は 「意味に応じて打つ」が基本 
15 「専門用語」と「カタカナ用語」に要注意? 
16 二通りの意味にとれる文章を書くな! 


第2章 相手が迷わない 伝わるメールの書き方
17 用件がわかる「件名」を書く 
18 「よろしくお願いいたします」の落とし穴? 
19 結論はメールの冒頭で示す 
20 複数の用件は「箇条書き」で書く 
21 「堅苦しい言い回し」は、「やさしい言い回し」に変える 
22 指示するときは「肯定的」な表現で書く 
23 質問に答えるときは「イエス or ノー」を明確に 
24 複数の質問に回答するときは「インライン回答」を検討する 
25 文章をシェイプアップする 
26 重要なイベントや用事は、詳細をまとめて案内する 
27 テーマの違う情報は、別メールで送る 
28 メールで重宝するフレーズ「~したく」 
29 お願いや指示は「相談風」に行う 
30 「上から目線」や「素っ気なさ」に注意! 
31 感情的になったら負け 
32 ルーティンメールには「ひな型」を用意する 
33 【転送時のマナー】転送する目的を明確に伝える 
34 正しく敬称を付ける 
35 追記と追伸を上手に使う 


第3章 「速く」書くためのシーン別フォーマット
36 メールの基本フォーマットを把握する 
37 メールも「見た目」が9割? 
38 送信・返信のスタンダード文章 
39 【報告メール】要点を簡潔に書く 
40 【連絡メール】要点を簡潔に書く 
41 【相談メール】要点を簡潔に書く 
42 【照会メール】問い合わせ内容を具体的に書く 
43 【依頼メール】快諾をもらうことが最大の目的 
44 【急なお願いメール】相手への配慮と敬いが必須 
45 【説得メール】迷う相手の背中をそっと押す 
46 【催促メール】相手の“逃げ道”をふさがない 
47 【営業メール】ベネフィットで興味を引く 
48 【お礼メール】具体的に喜びを書く 
49 【苦情メール】感情的になりすぎないように! 
50 【お詫びメール】相手の気持ちに寄り添う 
51 【断りメール】関係性にヒビを入れない! 
52 仕事ができる人がしている「先回り返信術」 
53 送信前に確認すべき15のポイント 
54 リマインドメールでミスを防ぐ 


第4章 恥をかかない 正しい敬語のルール
55 敬語の種類と使い分け 
56 尊敬語&美化語の「お」や「ご」はどう使う? 
57 間違いやすい敬語を押さえておく 
58 バカ丁寧な二重敬語は使うべからず 
59 「させていただく病」にご注意! 


第5章 正しい日本語の使い方
60 漢字とひらがなは、どう使い分ける? 
61 接続詞を上手に使う 
62 くどい表現・言い回しを削る 
63 ふたつの意味に取れる言葉を使わない 
64 言葉の重複を避ける 
65 どっちが正しい?<紛らわしい言葉に注意!> 
66 紛らわしい助詞に注意 ① 「に」と「へ」 
67 紛らわしい助詞に注意 ② 「に」と「で」 
68 紛らわしい助詞に注意 ③ 「に」と「と」 


第6章 相手を不快にさせない言葉の言い回し
69 「話し言葉」「軽々しい言葉」は仕事の文章では使わない 
70 その言葉、勘違いですから
71 「乱れた言葉」ではなく、「正しい言葉」を使う 
72 顔文字や「(笑)」を使っていいケースとは? 
73 不用意な誤字脱字に気をつける 
74 クッション言葉で「圧」を弱める 


第7章 メールですぐに使えるフレーズ集
75 すぐに使えるフレーズ集【あいさつ】 
76 すぐに使えるフレーズ集【お願い・依頼】 
77 すぐに使えるフレーズ集【報告・確認・通知・連絡】 
78 すぐに使えるフレーズ集【問い合わせ】 
79 すぐに使えるフレーズ集【案内】 
80 すぐに使えるフレーズ集【了解・承諾】 
81 すぐに使えるフレーズ集【抗議】 
82 すぐに使えるフレーズ集【断り】 
83 すぐに使えるフレーズ集【お詫び】 
84 すぐに使えるフレーズ集【祝福】 
85 すぐに使えるフレーズ集【お礼・感謝】 
86 すぐに使えるフレーズ集【気遣い】 
87 すぐに使えるフレーズ集【お見舞】 
88 すぐに使えるフレーズ集【感心・賞賛】 
89 すぐに使えるフレーズ集【受領案内・受領確認】 
90 すぐに使えるフレーズ集【交渉】 
91 すぐに使えるフレーズ集【催促】 
92 自分の言葉を織り交ぜる 

あとがき

北海道 S.Nさん 20代
2017年3月 6日 20:55

友人が数名Facebookで良いと書いていたのでピンときて購入した。
ビジネスメールの教科書として、職員の課題図書にしたいくらい、分かりやすくまとまっていました。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/5777
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税