書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

字ばかりがギッシリと記載されていなかった。 解説がわかりやすく、英語を勉強する気がでた。
2016:12:08:10:51:59 2016.12.08更新
6年女子が 理科好き、本を読むのが好きな子なので、読書として使えそうなので購入。 解説→問題→得話と
2016:12:08:10:29:16 2016.12.08更新






明日香出版社について
TOPページ >>
 ビジネス書 >>
 マネジメント・経営管理 >>
 とことんやさしくした 決算書の読み方 入門の入門
マネジメント・経営管理
とことんやさしくした 決算書の読み方 入門の入門
とことんやさしくした 決算書の読み方 入門の入門
この本の感想を書く
著 者
上坂公認会計士事務所:編
定 価
1500円+税
初版発行
2009.3.12
ISBN
ISBN978-4-7569-1274-9
ページ
200
版 型
A5並製

・紹介文

1.決算書ってなに? 2.損益計算書 3.貸借対照表 4.キャッシュフロー計算書 5.経営分析 5つの項目にわけてそれぞれをイラスト、図版入りで易しくわかりやすく解説していきます。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次


第1章:決算書ってなに?
 ■決算書は人生のバイブル
 ■決算書は会社の成績表
 ●決算はどの期間でするの?
 ●会社によって期間はバラバラ
 ●決算書は会社の成績表
 ●決算書はどうやって作るのか
 ■決算書の数字って?
 ●実際に決算書を見てみよう!
 ●決算書を目の前に置く事がスタート
 ■町のケーキ屋アップル
 ■決算書を読めるとライバルに差がつけられる
 ●決算書でライバルに差をつける!
 ■決算書は何で出来ている?
 ●貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)
 ●損益計算書(そんえきけいさんしょ)
 ●キャッシュフロー計算書
 ■決算書は会社の成績表
 ●1年間の成果を目に見える形にする
 ●決算書を読めると経営者の視点になれる。
 ●決算書で経営者目線を養う
 ●社長と思いを共有する
 ■決算書は何に使うの?
 ●決算書の使い方(1)(税金の計算に使う)
 ●決算書の使い方(2)(お金を借りるために使う)
 ●どこからお金を借りる?
 ●決算書の使い方(3)(与信管理に使う)
 ●決算書の使い方(4)(自社を知って社長に提案してみよう!)
 ●現状を知ることがすべての始まり
 ●意志統一の手段こそ決算書!

第2章:損益計算書ってどんなもの?
 ■損益計算書って何?
 ●損益計算書は、損したか得したかを計算する!
 ●損益計算書で収益と費用と利益が分かる
 ■損益計算書のしくみは以外と簡単
 ■どれだけ売れましたか?・・・「売上高」
 ●売上の種類にもたくさんある。
 ●売上は利益の源
 ■売り上げをするのに直接かかった費用はいくら?・・・「売上原価」
 ●売上原価とは?
 ●当期製造製造原価
 ●期首棚卸高・期末棚卸高
 ●買ったけど売れずに残った商品は費用にならない
 ■おまけ■
 ■別名「粗利益」とも呼ばれる「売上総利益」
 ●売上総利益とは
 ●売上総利益を増やすためには
 ■物を販売するのにかかる費用、会社を運営するのにかかる費用・・・販売費及び一般管理費
 ●お金の使い道によって決算書の表示名が変わる??
 ■おまけ■経費を探せ!
 ●その他の一般管理費
 ●給料は一番大きなウェイトを占める経費
 ●攻めの経費である広告宣伝費
 ●経費にも二種類ある。
 ●同じ費用の中でより高い効果を生み出すことを意識する
 ■本業でいくら儲かったのか?・・・「営業利益」
 ●営業利益が会社の力
 ■営業外収益・営業外費用…本業以外の収益と費用とは?
 ●営業外??
 ●営業外収益
 ●営業外費用
 ●営業外収益、費用が大きいのはどういう時?
 ●その他の営業外収益
 ●営業利益を左右させる営業外
 ■会社を運営する上で出た利益「経常利益」
 ■今事業年度で臨時的に発生したもの
 ■結果、どれだけ儲かり、どれだけの税金を払うの?

第3章:貸借対照表ってどんなもの?
 ■貸借対照表とは何?
 ●財産状況の一覧
 ●資産と負債と純資産
 ■ちょっと豆知識
 ■貸借対照表のしくみ
 ●貸借対照表はお金の使い方と集め方を表している
 ●貸借対照表の役割
 ●並べ方にはワケがある。
 ●流動から固定へ
 ●ワンイヤールール
 ●流動資産
 ●固定資産
 ●流動負債
 ●固定負債
 ■流動資産(りゅうどうしさん)
 ●1年以内に会社のお金を増加させるのが流動資産
 ●当座資産は、ほとんどお金みたいなもの
 ●棚卸資産は在庫のこと
 ●在庫は増えた方がよい?減ったほうがよい?
 ●その他の資産は
 ●貸倒引当金??
 ■固定資産(こていしさん)
 ●有形固定資産ってなに?
 ●主な有形固定資産
 ●固定資産は減価償却費(げんかしょうきゃくひ)で経費にする
 ■おまけ■固定資産の耐用年数
 ●無形固定資産ってなに?
 ●無形固定資産の減価償却はどうするのか
 ●投資その他の資産ってなに?
 ■流動負債(りゅうどうふさい)
 ●流動負債ってなに?
 ●代表的な流動負債は
 ●借金は設備投資だけではない!?
 ■固定負債(こていふさい)
 ●代表的な固定資産は
 ●利息の支払いを伴う負債
 ●設備投資には借金をするケースが多い!?
 ●借金は利益?
 ■純資産(じゅんしさん)
 ●純資産は新しい名称
 ■株主資本(かぶぬししほん)
 ■評価・換算差額等(ひょうか・かんさんさがくとう)
 ●主な評価・換算差額等は、

第4章:キャシュフロー計算書から読み取ってみよう!
 ■キャッシュフロー計算書はなぜ必要?
 ●キャッシュフローの語源
 ●売上がお金になるまでの期間のズレ
 ●業種の特徴
 ●請求ベースの売上計上
 ●お金がなくなったら倒産
 ■お金はどこに消えたのか
 ■利益=お金ではない。その理由を解明せよ。
 ●事例を見る
 ●利益イコールお金ではないの理由を解明せよ!
 ●減価償却費が計上された時のお金の動き
 ■ここでちょっと豆知識!
 ■手元にお金を残す方法を考える
 ●支払を延長する
 ●ここがポイント!
 ■ キャシュフローには3つある
 ■営業活動によるキャッシュフロー
 ●営業キャッシュフローでよく出てくる勘定科目
 ■投資活動によるキャッシュフロー
 ■投資活動による投資キャッシュフロー
 ●投資活動によるキャッシュフローでよく出てくる科目名
 ■財務キャッシュフロー
 ●財務キャッシュフローでよく出てくる勘定科目
 ■他にはどんなパターンがあるのかな
 ■利益とお金と税金の関係

第5章:計算書を活用してみよう!
 ■決算書を活用してみよう!損益分岐点について
 ●決算書の見方を変えてみよう
 ●損益分岐点【そんえきぶんきてん】
 ●変動費と固定費
 ●変動費
 ●固定費
 ●限界利益率
 ●損益分岐点を割り出す前に。
 ●損益分岐点
 ●比較してみよう!
 ●損益分岐点の使い方

石川県 S.Bさん
2009年7月 6日 20:40

とことんやさしく書いてありわかり易かった。

兵庫県 Y.Bさん
2009年8月27日 18:00

りんごの絵を使って難しいイメージを持たれがちな決算書をわかりやすく説明して いて、とてもよかったです。今まで2冊ほど同じ内容の本を読みましたが、わかりづらく、途中であきらめていました。今後のお金の考え方に決算書の知識を大いに活用していきたいです。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/114
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
著者/横山 信治
定価/1400円+税

改訂版 はじめての会社経営100問100答
改訂版 はじめての会社経営100問100答
著者/出口秀樹税理士事務所:編著  出口 秀樹/福澤 康弘/中村 明博:著
定価/1600円+税


やり抜く技術
やり抜く技術
著者/伊東 泰司
定価/1500円+税

CD BOOK 超英語思考トレーニング
CD BOOK 超英語思考トレーニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1600円+税