明日香出版社について
TOPページ >>
 ビジネス書 >>
 ビジネスの基本・マナー・教養 >>
 あたりまえだけどなかなかできない 聞き方のルール
ビジネスの基本・マナー・教養
あたりまえだけどなかなかできない 聞き方のルール
あたりまえだけどなかなかできない 聞き方のルール
この本の感想を書くファンレター/質問する
著 者
松橋 良紀
定 価
1400円+税
初版発行
2009.1.13
ISBN
ISBN978-4-7569-1259-6
ページ
224
版 型
B6並製

・紹介文

人は話ができないからコミュニケーションがうまくとれず、人間関係も広がらないと思いがちですが、本当は違います。うまく聞くことができれば相手は心を許してもくれますし、自分への評価も高まります。本書ではそのように相手から好感を得、人間関係も広がる、そんな聞き方の技術をNLP理論をベースに101のルールに則って解説します。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次


はじめに
1.聞く技術の重要性
2.プロの聞く技術のポイントとは?
3.世の中を変える聞く技術
4.会話が苦手な理由とは?
5.3つの「きく」の違いを知ろう
6.相手に意識を向けて聞くには?
7.聞くのをさまたげる 「ブロッキング」とは?
8.協力を引き出す聞き方とは?
9.相手のことを聞く「ユー・クエスチョン」とは?
10.しゃべりすぎに注意!聞く割合と話す割合はどれくらい?
11.人を動かす聞き方とは?
12.安易に「わかる」を言わないで聞こう
13.客観的に共感して聞こう
14.同情して励ますのは自己本位な聞き方
15.相手の話を取らないで聞こう
16.男性が家庭でおしゃべりをしない理由
17.辛さや悲しみを受け取る聞き方をしよう
18.応援してくれる人を増やす聞き方とは?
19.人間関係を広げるコツとは?
20.相手の話したいことを聞いてあげよう
21.悩み相談には助け船はいらない
22.悩みを聞くときは気長に待とう
23.間を楽しもう
24.沈黙を作れるのが聞き上手
25.人が沈黙する4つの理由とは?
26.「解決してあげよう」が聞き上手の邪魔をする
27.相手の答えを引き出してあげる聞き方をしよう
28.交流分析を学んで聞こう
29.交流分析のタイプに対応しよう
30.アドバイスマンにならないで聞こう
31.人の話に口をはさまずにいられない理由とは?
32.質問は自分自身が話したいこと
33.男性が聞きベタな理由とは?
34.何を聞くかよりどのように聞くかが大事
35.コミュニケーションのずれをなくす聞き方
36.嫌われる6つの聞き方とは?
37.相手と自分の違いに気づいて聞こう
38.相手を観察する3つのポイント
39.ボディーランゲージに意識を向けよう
40.姿勢のペーシングとは?
41.うなずく深さをコントロールしよう
42.あいづちはテンポの変化でバリエーションを広げよう
43.あいづちの技術とは?
44.あいづち言葉のバリエーションを増やそう
45.波長が合う人だと思ってもらえる声の使い方とは?
46.第一印象はほんの10秒で決まる
47.表情筋を使いこなして聞こう
48.目と口を使って聞こう
49.アイコンタクトのプロの技とは?
50.理想の聞き上手に近づく方法とは?
51.嫌われる聞き方のクセとは?
52.オウム返しをマスターしよう
53.効果的な沈黙とうなずくタイミングとは?
54.口数が少ない人には「オウム返しプラスワンの情報・感想」
55.話を途切れさせない秘策とは?
56.【オウム返しの中級編】 キーワードを反復する
57.【オウム返しの上級編】 5つの感情言葉を合わせよう
58.4つの感覚のタイプを見わけよう
59.視覚タイプはこんな人
60.聴覚タイプはこんな人
61.身体感覚タイプはこんな人
62.理論タイプはこんな人
63.目の動きで相手のタイプを判断する方法
64.言葉の使い方でタイプを判断する方法
65.省略や削除を埋める聞き方
66.指示や約束事は5W2Hを押さえよう
67.5W2Hを使ってはいけない時とは?
68.「みんな」や「いつも」などあいまいな言葉に注意!
69.相手の状態を知るために確認すべきポイントとは?
70.相手の思い込みに巻き込まれない方法
71.相手をおしゃべりにさせる聞き方とは?
72.オープンド・クエスチョンで情報を集めよう
73.話が盛り上がらない聞き方とは?
74.無口な人との会話術
75.プライベートを聞き出す方法とは?
76.話の塊を小さくして相手を援助しよう
77.たくさんの人を動かすときには話のかたまりを大きくしよう
78.名刺交換の時こそ聞き上手になろう
79.世間話は自己開示をしてから聞こう
80.初対面の相手と共通点を作る聞き方
81.短時間で長年の親友のような関係をつくる聞き方とは?
82.好きになれない相手と親しい関係を作るイメージ法
83.空気をつくる「座る位置」
84.パーソナルスペースを知ろう
85.怒りの問い詰めをうまくかわす方法
86.悪口を言われた時の聞き方
87.本音を聞き出す方法とは?
88.会議での進行役の聞き方
89.クレームの聞き方(心構え編)
90.クレームの聞き方〔技術編〕
91.「なぜ」「どうして」は使わないようにする理由
92.暗示を埋めこんだ聞き方とは?
93.聞く相手を選んで大成功しよう
94.解決につながる聞き方
95.アインシュタインに学ぶ適切な聞き方
96.話の締めくくりは感謝を示そう
97.相手を一瞬で元気にするセラピスト式聞き方とは?
98.5つの意識レベルを知ろう
99.どんどん失敗しよう
100.最高の聞き上手は相手を好きになること
101.聞く技術は一生の財産

北海道 M.Aさん
2009年6月30日 19:34

いつもは、話し方の本を手に取る方が多いので、自分は、人の話しをいつもどのように聴いていたのか、と思い購入しました。この本を読んで、プライベート、仕事に役立てたいと思いました。
カウンセラー、心理学にも興味がわきました。ありがとうございます。

N.Tさん 47歳男性
2010年5月17日 17:50

具体的な技術がたくさんあり役立った。心理面にも話が及び、わかりやすかった。自分が話すより聞き役にまわる方が大事ということか。著者が深く考察しているのがわかった。

R.Uさん 38歳女性
2010年8月13日 16:19

話をするのもへたで、その理由は聞くのも下手なのかと考え、よみました。聞き方のルールはそのヒントをくれた一冊でした。私にとって、すこしちがう視点で、まわりをみたり考えることのきっかけとなりました。

東京都 K.Sさん 26歳女性
2013年3月29日 14:38

見開き毎に(題目)が変わっていくので、だらだら読むことなく、あきずに最後まで読み切れました。
私は営業4年目(もうすぐ5年目)ですがこの本を読んで今までの私の行動の数々が、とても子供ではずかしいことだったと思いしらされました。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/140
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
改訂増補 中国のことがマンガで3時間でわかる本
改訂増補 中国のことがマンガで3時間でわかる本
著者/筧 武雄/馬成三/遠藤 誠
定価/1600円+税


TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 730点突破ガイド
TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 730点突破ガイド
著者/植田 一三:編著  浅井 伸彦/上田 敏子/岩間 琢磨:著
定価/2100円+税

稼げる人が大切にしている話し方
稼げる人が大切にしている話し方
著者/栗原 典裕
定価/1400円+税

脳にこじつけて いつでも引き出す記憶術
脳にこじつけて いつでも引き出す記憶術
著者/並木 秀陸
定価/1400円+税