明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
 IT関連 >>
 [441]いざという時の救急お助けアプリ、「Q助」登場
「できる!」ビジネスマンの雑学

[441]いざという時の救急お助けアプリ、「Q助」登場

 みなさんは救急車のお世話になったことはありますか。

 筆者は2~3度あります。

 ところで、救急車を呼んだことがない方は、どんな状況なら呼んでもいいのか、まだ呼ぶほどではないのか。その判断に迷うことがあると思います。

 そんなときにとても役立つアプリが、消防庁から登場しました。

 その名も、
 「Q助」!

2017090801.jpg
※出典:消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/)

 いったい、どんなアプリなのでしょうか。消防庁の説明を見てみましょう。

 この『救急受診ガイド』(以下「当ガイド」という)は、急な病気やけがをした際に「いつ病院を受診したらいいのか?」「救急車を呼んだ方がいいか?」と迷った時に、ご自身の判断の一助になることを目的に、『東京版救急受診ガイド』(日本救急医学会監修、東京都医師会救急委員会救急相談センター運用部会作成、東京消防庁編集・発行)をもとに、総務省消防庁(以下「当庁」という)の「緊急度判定体系に関する検討会」が作成したものです。

 ■病院やクリニックに行った方がいいかどうか?
 ■行くなら急いだほうがいいのか?待てるのか?
 ■救急車を呼んだ方がいいかどうか?

 などで迷ったときは、ご利用ください。
(※出典:消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/))


 このアプリでは救急車は不要であっても、念のために「医療情報ネット」「全国タクシーガイド」へのリンクを紹介しています。

 出張先や旅先では、最寄りの病院がわかりませんし、タクシーがすぐに手配できるのはありがたいです。

 このアプリ「Q助」は、パソコン版、iPhone版、Android版と利用環境ごとに用意されています。

2017090802.jpg

 利用はこちらのサイトからどうぞ。
 全国版救急受診アプリ (愛称「Q助」)[総務省消防庁]

2017090803.jpg

 スマートフォンにはぜひともインストールしておきたいアプリですね。

 ◆

 さて、話の続きです。ある学校で暴漢に襲われた筆者は、顔を殴られ、後頭部の裂傷で全身血だらけのまま、機動隊に救助されました。

 そして、警察が連れてきた(もしくはついてきた)救急車に乗せられると・・・、
 救急隊員があごをしゃくってひとこと。

 隊員:「病院、道路の向かいだけど、乗ってく?」

 筆者:「せっかくなのでお願いします。」

 ◆

 向かいの病院では、病院長に直々に治療していただきました。

 「おお、見事に殴られたなぁ。2、3日したら顔に青アザができるよ」と笑顔で絆創膏をペタリ。
 院長の治療はそれで終わりでした。

 後でそこは、プロボクサー御用達の打撲傷を得意とする有名な病院と知りました。
 春山院長、ありがとうございました。ディフェンスの大切さを学びました。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育

 IT関連一覧へ 
コメントを送信する
名前
URL

トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/6120
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
改訂増補 中国のことがマンガで3時間でわかる本
改訂増補 中国のことがマンガで3時間でわかる本
著者/筧 武雄/馬成三/遠藤 誠
定価/1600円+税


TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 730点突破ガイド
TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 730点突破ガイド
著者/植田 一三:編著  浅井 伸彦/上田 敏子/岩間 琢磨:著
定価/2100円+税

稼げる人が大切にしている話し方
稼げる人が大切にしている話し方
著者/栗原 典裕
定価/1400円+税

脳にこじつけて いつでも引き出す記憶術
脳にこじつけて いつでも引き出す記憶術
著者/並木 秀陸
定価/1400円+税