明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
 食と料理 >>
 [500]餃子消費に日本一をかけた戦い、2017年の結果
「できる!」ビジネスマンの雑学

[500]餃子消費に日本一をかけた戦い、2017年の結果

 世の中には当事者にしかその価値がわからない戦いがあるようです。

 たとえば、ある食品を国内でもっとも消費する(つまり食べる)ことに、自治体の間で意地とプライドをかけた戦いがあることを、みなさんはご存じでしょうか。

宇都宮がギョーザで王座奪還! 購入額4年ぶり日本一
 宇都宮市は、総務省の家計調査で昨年のギョーザ購入額が1世帯(2人以上)平均で4258円となり、全国の県庁所在地や政令指定都市の中で4年ぶりに日本一になった。30日に公表された家計調査の昨年12月分の速報値を加えて年間購入額を集計、浜松市の3582円を上回った。3位は堺市3091円、4位は京都市3041円、5位は宮崎市2855円だった。
産経ニュース 2018年1月30日掲出)

 宇都宮市と言えば、古くからギョーザで町おこしをしています。JR宇都宮駅の駅ナカにはギョーザロード、駅前には「ギョーザのビーナス像」があります。しかも街のいたるところにギョーザ専門店が林立していますから、宇都宮市がギョーザの町であることは誰の目にも明らかです。

2018020101.jpg
※餃子のまち|宇都宮市公式Webサイト より

 一方、ギョーザ消費で宇都宮市の後塵を拝した浜松市ですが、ギョーザが特産品というわけではありません。むしろウナギの方が全国的に有名で、その消費金額は他を圧倒する存在となっています。
(全国平均が2,380円に対して、浜松市は6,403円で全国一位。2014~2016年平均 「家計調査(二人以上の世帯)」・総務省統計局調べ ※1)

 浜松にはウナギの名店はいくつもありますが、宇都宮市のようにギョーザ専門店があちこちにあるとは聞いたことがありません。
 ではなぜ、うなぎ絶対王者の浜松市が、庶民的なギョーザごとき(失礼)で宇都宮市と覇権を争うのか。

 その原因は、同じく総務省統計局がまとめた家計調査にあります。

 浜松市は静岡市と並んで、調理食品の購入額では全国トップです。(浜松市=144,158円、静岡市=135,781円/2014~2016年平均 「家計調査(二人以上の世帯)」・総務省統計局調べ ※1)

 この背景には、静岡県では女性の社会進出が進んでおり、家庭では総菜などの調理食品を主なおかずとしている事情があるようです。ギョーザがこの調理食品に含まれるのは言うまでもありません。

静岡市のハンバーグ年間支出額はなぜ日本一か
 消費関連の統計をみると、もともと静岡県は、「調理食品」の支出が多いという特徴がある。併せて「米」の支出も多く、調理食品や惣菜を買って自宅でご飯だけ炊いて食べる、いわゆる「中食」を多用する傾向のあることがうかがわれる。
 これは、静岡県の消費環境面での特徴が影響しているように思われる。まず、本県は女性の有業率が5 0 . 8 %(全国7位、平成2 4年総務省「就業構造基本調査」)と高く、共稼ぎの世帯も多いとみられ、中食利用につながっていると考えられる。
一般財団法人 静岡経済研究所・主席研究員 塩野敏晴 2016年09月30日)
http://www.seri.or.jp/column/toyoharu-s/post_27.html

 浜松ではギョーザは家庭のおかずとして定着しているがために、自然と消費が多くなっていることがうかがえます。その結果、心ならずも宇都宮市と戦うかたちになったのでしょう。

 つまり、宇都宮市は観光の目玉としてのギョーザという「ハレのメニュー」に対して、浜松市は市民の必需品としてのギョーザという「ケ(褻)のメニュー」なのです。両市とも目指す方向が違いますから、まったく折り合いのつかない戦いをしているのかもしれません。

 ところで、お総菜大好き県である静岡県では、浜松市と静岡市はギョーザ以外のメニューでも、いくつもベストテン入りしています。

 たとえば、弁当(浜松市=10位、静岡市=6位 ※以下同)、寿司弁当(11位、4位)、サラダ(10位、6位)、天ぷら・フライ(7位、5位)、ハンバーグ(8位、5位)、そうざい材料セット(1位、12位)と、すぐにでもトップをとれるメニューをいくつも持っています。

2018020102.jpg
※「家計調査(二人以上の世帯)」・総務省統計局調べ より筆者作成


静岡市のハンバーグ年間支出額はなぜ日本一か
 家計調査で今後も静岡市がハンバーグ支出額で国内トップレベルを保ち続けるのであれば、浜松市や宇都宮市の餃子のように、住民や産業界も巻き込んで、静岡=ハンバーグの街というイメージを定着させることも検討してみてはいかがだろうか。
(前出・一般財団法人 静岡経済研究所「静岡市のハンバーグ年間支出額はなぜ日本一か」より引用)

 いかがでしょうか。さまざまなお総菜で虎視眈々とトップの座を狙う、浜松・静岡連合は決してあなどれません。

 これからは「もっとサラダを食べよう」、「いや弁当だ」、「僅差のハンバーグだ」、と各自治体が住民にハッパをかける日がやってくるかもしれませんね。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
餃子のまち|宇都宮市公式Webサイト
http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/citypromotion/1007188.html

※1 家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキング
(平成26年(2014年)~28年(2016年)平均)
 家計調査の1世帯当たり品目別年間支出金額及び購入数量(二人以上の世帯)のデータから,どのような品目でどの程度の地域差があるのかを明らかにするため,2014~2016年平均の品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキングを集計しました。
[出典:総務省統計局]
http://www.stat.go.jp/data/kakei/5.htm
※2010年4月1日現在で政令指定都市であった都道府県庁所在市以外の都市(川崎市,相模原市,浜松市,堺市及び北九州市)

---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育

 食と料理一覧へ 
コメントを送信する
名前
URL

トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/6361
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
ミス・ロスが激減する! 話し方・聞き方・伝え方
ミス・ロスが激減する! 話し方・聞き方・伝え方
著者/中尾 ゆうすけ
定価/1400円+税




中学・高校6年分の英作文が10日間で身につく本
中学・高校6年分の英作文が10日間で身につく本
著者/長沢 寿夫
定価/1400円+税