明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
 IT関連 >>
 [369]不正送金ウイルスの感染を調べるサイト、できました
「できる!」ビジネスマンの雑学

[369]不正送金ウイルスの感染を調べるサイト、できました

 ネットバンキングは、お金の振り込みなどを自宅のパソコンからできる手軽さが受けて、短期間に普及しました。
 いわゆるこうした電子決済は都市銀行をはじめ、ゆうちょ銀行までサービスを提供していますが、その便利さは一方で、姿の見えない第三者の不正使用につけいられる原因にもなっています。

2017032101.jpg

 特にインターネットバンキングをターゲットにした不正操作は、すべての預金を一瞬にして横取りできることから、そのとっかかりとなるウイルスはインターネット中を飛び交っているといっても大げさではありません。

 ウイルスに感染したパソコンは、IDもパスワードも筒抜けになってしまいますから大変危険な状態です。ではどうやって感染から防ぐのか。そもそもいま使っているパソコンはウイルス感染しているのか、いないのか。

 そんな悩みを解決してくれるサイトができました。

流行りの銀行ウイルスに感染していないかワンクリックでチェックしてくれるサイト、
日本サイバー犯罪対策センターが試験公開

 一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(Japan Cybercrime Control Center:JC3)は16日、「DreamBot・Gozi感染チェックサイト」の試験運用を開始したと発表した。ウェブブラウザーから同サイトにアクセスすることで、「DreamBot」「Gozi(別名:URSNIF)」といったマルウェアに感染していないかどうかを簡易的にチェックできる。
 DreamBotとGoziは、インターネットバンキングのID・パスワードなどの情報を狙うマルウェア。感染すると、銀行口座から勝手に不正送金されるなどの被害に遭う恐れがある。昨年秋ごろから日本語のスパムメールで拡散される事例が目立っており、添付ファイルを開いて感染するケースのほか、メール本文に記載されたURLリンクをクリックすることで感染するケースも確認されているという。
INTERNET Watch 2017年3月16日掲出)


 ただし、このサイトでは感染の有無を調べてくれるだけです。ウイルスの除去まではできません。やはりウイルス対策ソフトは今後も必要ですね。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
「DreamBot・Gozi感染チェックサイトの試験運用を開始しました。」
一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター
(Japan Cybercrime Control Center:JC3)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育

 IT関連一覧へ 
コメントを送信する
名前
URL

トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/5875
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税