明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
  >>
 [485]このたび「竜宮城」、建て替えます。本物です。
「できる!」ビジネスマンの雑学

[485]このたび「竜宮城」、建て替えます。本物です。

 子どもの頃、昔話の浦島太郎を聞いたとき、「鯛やヒラメが舞い踊り ごちそういっぱい」の竜宮城に一度は行ってみたい、と誰しも思ったことでしょう。

 その竜宮城がこのたび、建て替えられます。

 え、ほんとに竜宮城はあったの?と驚く人もいるでしょうが、竜宮城は実在するのです。

 神奈川県藤沢市にある小田急電鉄江ノ島線の終着駅、片瀬江ノ島駅の駅舎がそれです。

2017122001.jpg
※実在する竜宮城、「片瀬江ノ島駅」駅舎。GoogleMapより


「竜宮城」片瀬江ノ島駅が建て替え
 小田急電鉄は2017年12月12日(火)、江ノ島線の片瀬江ノ島駅(神奈川県藤沢市)について、2018年2月から改良工事に着手すると発表しました。
 片瀬江ノ島駅は1929(昭和4)年に開設。「竜宮城」をイメージした駅舎が特徴で、1999(平成11)年には「関東の駅100選」にも選定されました。今回、駅舎が老朽化していることなどから、駅全体の改良工事が始まります。
 駅舎は、現在の竜宮城の雰囲気を踏襲しつつ、「竜宮造り」という社寺の建築様式を採用し建て替え。「遊び心と同時に品格を備えた姿にデザイン」(小田急電鉄)したといいます。
乗りものニュース 2017年12月12日掲出)

2017122002.jpg
※改良工事後の片瀬江ノ島駅(イメージ)小田急電鉄 公式サイトより

  片瀬江ノ島駅は約90年近くも前に、竜宮城として設計され建立された本物の「竜宮城」だったのです。

 亀に乗せられなくとも、竜宮城は電車で気軽に行ける場所だったのですね。(水)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■関連リンク
小田急電鉄・ニュースリリース
(2017年12月12日)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育

 旅一覧へ 
コメントを送信する
名前
URL

トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/6304
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
イラストでわかる 中学英語
イラストでわかる 中学英語
著者/河原 千夜子
定価/1400円+税

1分で打ち解ける! 戦略的な雑談術
1分で打ち解ける! 戦略的な雑談術
著者/伊庭 正康
定価/1400円+税


仕事ができる人の最高の時間術
仕事ができる人の最高の時間術
著者/田路 カズヤ
定価/1500円+税