書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

英語を習得できた人たちが、 どうやって英語をモノにしていったが、わかって、 とても面白かった。
2017:12:26:15:18:27 2017.12.26更新
かなり簡潔に説明されていたため、短時間で自分のだめな習慣を把握でき、良かった。
2017:12:26:14:51:55 2017.12.26更新









明日香出版社について
TOP >>
 「できる!」ビジネスマンの雑学 >>
 ニュースを読む >>
 [486]ヒマラヤの雪男、その正体が判明
「できる!」ビジネスマンの雑学

[486]ヒマラヤの雪男、その正体が判明

 お節介なことをしたものです。

 アメリカの研究者たちが、ヒマラヤに棲むというあの雪男、別名イエティの正体を突き止めたと発表しました。

 雪男のものとされてきた遺物から採取した遺伝子、DNAなどを抽出して、ヒマラヤに生息するクマと比較したところ、その特徴が一致したということです。

伝説についに終止符? ヒマラヤの雪男、米チームが「身元」特定
「雪男」の正体はやはりクマだった──。ネパール・チベット間のヒマラヤ(Himalaya)一帯に住むと言い伝えられ、雪男とも称されてきた未確認動物「イエティ、Yeti」。米研究者らがこれまでイエティのものとされてきた遺物の広範な遺伝学的調査を行い、それらが実は複数のクマのものだったことを突き止め、29日、学術誌に発表した。長らく信じられてきたイエティ神話を打ち砕く研究成果となった。
AFPBB NEWS 2017年11月29日掲出)

2017122501.jpg

 ところで、こうした研究がもたらすものになにがあるのでしょうか。

 未知のもの、信じがたいものがあるからこそ、危険を犯してヒマラヤを目指していた男たちの立場はどうなるのでしょう。

 雪男を見つけに行く、といって出かける冒険家の立場がなくなってしまいました。

 そもそもアメリカの研究者たちは、もっと身近な存在から手をつけるべきでしょう。

 それは、サスカッチ(英:Sasquatch)。

 アメリカの山中に棲むと言われるサスカッチの正体はどうなっているのでしょうか。

 筆者の知る限りでいえば、いまだにサスカッチの存在を信じているアメリカ人はたくさんいます。

 さらにいえば、米大陸にはビッグフット(英:bigfoot)もいるそうではないですか。アメリカ大陸こそ、UMA(ユーマ:未確認生物)の巣窟ではないのか。

 「灯台もと暗し」とはまさにこのこと。

 米研究者たちは雪男より先に、こやつらの正体を明らかにするべきですね。(水)


---------------------
「できる!」ビジネスマンの雑学 ジャンル別
---------------------
ニュースを読む
出来事
本・雑誌
IT関連

食と料理
教育

 ニュースを読む一覧へ 
コメントを送信する
名前
URL

トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/6305
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
「すぐやる人」のノート術
「すぐやる人」のノート術
著者/塚本 亮
定価/1400円+税




CD BOOK イギリス英語フレーズブック
CD BOOK イギリス英語フレーズブック
著者/ジュミック今井
定価/2700円+税