明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 「また会いたい!」と言われる女(ひと)の気くばりのルール
ビジネス書
「また会いたい!」と言われる女(ひと)の気くばりのルール
「また会いたい!」と言われる女(ひと)の気くばりのルール
この本の感想を書く
著 者
里岡 美津奈
定 価
1400円+税
初版発行
2012.9.10
ISBN
978-4-7569-1579-5
ページ
224
版 型
B6並製

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

はじめに

第1章 気くばりの基本
01 気くばりはあなたの人生を変える
02 自分に対する気くばりから始めよう
03 スタンドプレイに走らない
04 お客様のプライドを傷つけない
05 半歩だけ先回りする
06 小さなことこそ、丁寧に。当たり前のことこそ、こつこつと

第2章 気くばりできるあなたになる
07 自分に余裕がなければ人には気くばりできない
08 体調管理は早めが肝心
09 観察ポイントを用意しよう
10 ウェルカムの雰囲気はまず笑顔から
11 好奇心を旺盛にして引き出しを増やす
12 感情は湖面のように静かに
13 心地よいオーラでさりげなく

第3章 あの人の気持ちがわかるようになるには
14 ファーストネームで呼びかけてみませんか
15 相手のことを観察して理解する
16 お客様の情報をストックしておく
17 「弱」から入って様子を見る
18 言葉以外のシグナルを「察する」努力を
19 言葉の裏に秘められた気持ちを汲み取る
20 共感はしても流されない
21 タイプの違う人の言動を見習う
22 自分以外の価値観を知る

第4章 先回りのルール
23 先回りは半歩だから効く
24 日本特有の「察する文化」を取り入れよう
25 相手が求めるキャラクターを考えよう
26 自分軸だけで判断しない
27 先読みしすぎない
28 相手にとって心地いいタイミングを見極めて

第5章 周囲を明るくするルール
29 まず自分が明るくなろう
30 あいさつははっきり、凛とした言葉遣いで
31 美しい言葉づかいをしよう
32 先入観をとりのぞくのはあなた次第
33 笑顔の価値に気づいていますか

6章 心地よい会話の基本
34 沈黙を恐れず、聞き上手になろう
35 相手に視線を合わせる
36 話を興味深く聞いているというシグナルを出す
37 困った時は思い切り上品な言葉で乗り切る
38 相手のこだわりポイントを発見しよう
39 人が気づきにくい部分をほめて距離を縮める
40 ユーモアを大切にしよう
41 成功談より失敗談で場を盛り上げる
42 自分の声を一度録音してみませんか

第7章 もう1度会いたいと言われるしぐさの基本
43 「美しい人」になろう
44 身だしなみにはまず清潔感を
45 指先を揃えて手を遊ばせない
46 姿勢のよさが立ち姿の美しさをつくる
47 座る時はしっかり膝頭をつけて
48 歩き方はテンポよくリズミカルに
49 後ろ姿のチェックも忘れずに
50 立ち居振る舞いはメリハリをつけて
51 2つの時間を意識して行動は常に颯爽と
52 お客様のものは宝物のように
53 おもてなしの香りは「無臭」が基本

第8章 人間関係がスムーズになる心くばりのルール
54 連絡はこまめにタイミングよく
55 感謝の気持ちはスピーディに伝えよう
56 体調を気づかう時はさりげなく
57 手書きの一言に心をこめて
58 孤立している人には参加しやすい話題を
59 気持ちは態度できちんと表現する
60 ほめる時は本心からの言葉で
61 悪口や愚痴には同調しない
62 パーソナルスペースに注意する
63 好意へのお礼はさらりとスマートに

第9章 スマートな断り方・頼み方
64 クレームは心の耳で聞く
65 提案を盛り込んだクレーム対応を
66 気の進まない誘いにも最初からノーと言わない
67 「嫌い」から入ってチャンスをつぶさない
68 上司を動かすには日頃の関係づくりから

第10章 日々のシチュエーション
69 訪問する時はゆっくり、お迎えする時は早めに準備
70 手土産は「残らないもの」を選ぼう
71 ギフト選びは相手の環境に配慮する
72 病気見舞いは細心の注意で
73 お誘いは相手が断りやすいように
74 メールのやりとりこそTPOを大切に
75 手紙を出す時はタイミングよく
76 電話をかける時は都合を聞いて話に入る
77 待ち合わせ場所にもひと工夫

第11章 気くばりの達人になるために
78 ジャンルを超えたネットワークをつくろう
79 プラスαが自分自身の価値になる
80 「気くばりノート」の情報は随時更新
81 情報をお客様への接遇に活かす
82 外国の方へのおもてなしもまず心で
83 日本人のさりげない心くばりこそ一流のサービス
84 紳士淑女にサービスする紳士淑女であれ
85 接遇者に必要な8つの条件

第12章 身近な人への感謝を伝える
86 「お隣さん」にも気くばりを忘れずに
87 気くばりの三原則は「観察する」「真似る」「アレンジする」

おわりに

千葉県 N.Sさん 女性
2012年11月20日 18:00

看護師の仕事にも生かせる内容で、読みやすく期待通りでした。

東京都 匿名希望 38歳 女性
2012年12月 7日 11:59

とても分りやすく、シチュエーションがよく書かれているので想像しやすかったです。

青森県 T.Rさん 58歳 女性
2013年1月22日 18:35

スーパーのレジをやっていますが、役立つ内容でした。また、ポイントになる文章が繰り返し出て来るので大切な所がわかりやすかったです。
今の私がすぐに実行すべきことは次の事だと思い当たりました。
P129~130動作に区切りをつける…一つずつの動作に専念した方が確実ですし、複数の小津差を掛け持ちにすると、失敗につながりやすいのです、と言う所です。

石川県 N.Nさん 27歳 女性
2013年1月23日 11:34

この春から社会人になります。今は不安と楽しみで一杯です。なかでも私はあまり「空気を読む」といったことが苦手で、少しでも「気くばり」ができる女性になれたらと思い、この本を購入しました。
どのメッセージも今から意識出来ることばかりで忘れかけた時にこれから読み返し、自分のものにしていきたいです。

兵庫県 O.Mさん 37歳女性
2013年1月28日 18:28

里岡さんの美しさ、清々しさが”おもてなし”についての語りからも伝わり、読んでいて背筋がピンとする感じがしました。
美しく働くためのヒントがいっぱいでした。ありがとう!

宮城県 F.Sさん 43歳女性
2013年2月13日 17:33

笑顔の価値、人を喜ばせることができることの意味、大切さを教えてくださいました。

福島県 O.Tさん 49歳女性
2013年3月15日 15:12

今回の震災、原発事故と非難しているせいかつの中、この本に出会い、勇気、元気、笑顔をいただきました。
人間性を学びました。素直に喜べる人になり、周囲への気くばりを大切に、楽しく、笑顔で生きていこうと思っています。
他人をうらやむ事が多かった、悲しい、さみしい、せつない気持ちが、なんて自身ははずかしかったのだろうと教えられたようでもありました。感謝、感謝です。

静岡県 M.Iさん 女性
2013年5月14日 16:37

場が和やかになるような気配りの数々…こまかい観察や記憶も大切ですね。
相手が今どういう状況、気持ちなのかを察し、行きすぎない心配りができるようになりたいです。
悪口に同調したくない時、たまたまとなりに座った方への一言…など参考になりました。子どもたちにも伝えたいと思います。

北海道 N.Mさん 62歳 女性
2013年9月 9日 11:57

テーマごとになっていて、簡潔で読みやすい。
気くばりの大切さを日々痛感している今です。
1つ1つヒントとして、私の本棚や手元枕の上においています。
又ノートに記しています。

北海道 N.Mさん 62歳 女性
2013年9月 9日 12:02

テーマごとになっていて、簡潔で読みやすい。
気くばりの大切さを日々痛感している今です。
1つ1つヒントとして、私の本棚や手元枕の上においています。
又ノートに記しています。

大分県 T.Rさん 30代 女性
2017年9月20日 19:07

期待通り、気配りの細やかなコツが分かって良かった。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/3669
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税