書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

字ばかりがギッシリと記載されていなかった。 解説がわかりやすく、英語を勉強する気がでた。
2016:12:08:10:51:59 2016.12.08更新
6年女子が 理科好き、本を読むのが好きな子なので、読書として使えそうなので購入。 解説→問題→得話と
2016:12:08:10:29:16 2016.12.08更新






明日香出版社について
TOPページ >>
  >>
 ビジネス書 >>
 伝え方で「成果を出す人」と「損をする人」の習慣
ビジネス書
伝え方で「成果を出す人」と「損をする人」の習慣
伝え方で「成果を出す人」と「損をする人」の習慣
この本の感想を書くファンレター/質問する
著 者
車塚 元章
定 価
1500円+税
初版発行
2016.2.9
ISBN
978-4-7569-1819-2
ページ
240
版 型
B6並製

・紹介文

自分は何者かを伝える「自己紹介のしかた」や人を動かす伝え方、伝わる文章の書き方、報連相のしかたなど、ビジネスシーンでの伝え方がメイン。
プレゼン講師として、人気の高い先生がわかりやすく解説する。
悪い例と良い例の対比構造で、伝え方を説く内容。

・この本を購入する
Amazon.co.jpでこの本を買う
紀伊国屋書店でこの本を買う
楽天ブックスでこの本を買う
e-honでこの本を買う
本やタウンでこの本を買う
MARUZEN&JUNKDOでこの本を買う
セブンネットでこの本を買う

・目次

はじめに


第1章  ▼▼▼心構え 編

01 成果を出す人は伝わることにこだわり、
   損をする人は伝えることに必死になる。

02 成果を出す人はひらがな言葉を使い、
   損をする人はカタカナ言葉を連呼する。

03 成果を出す人はおもしろく話をして、
   損をする人はおもしろい話をしようとする。

04 成果を出す人は相手を主語に話をして、
   損をする人は自分を主語に話をする。

05 成果を出す人は自分が口下手だと知っていて、
   損をする人は話し上手だと思っている。

06 成果を出す人はルックス重視、
   損をする人は内容重視。

07 成果を出す人は喜怒哀楽を表に出し、
   損をする人は喜怒哀楽を隠す。

08 成果を出す人は必ずしも結論を先に話さず、
   損をする人はいつも結論から話す。


第2章 ▼▼▼相手の心をつかむ伝え方 編

09 成果を出す人は「~です」を使い、
   損をする人は「~思います」を連発する。

10 成果を出す人は「……?」で相手に考えさせ、
   損をする人は考える間を与えない。

11 成果を出す人は短い文で話をして、
   損をする人は長文で話をする。

12 成果を出す人はひそひそ話を巧みに使い、
   損をする人は元気よく話す。

13 成果を出す人は嫌いな相手のプラス面を見つけ、
   損をする人はマイナス面が気になる。

14 成果を出す人は相手の行動を促す話をし、
   損をする人は感動的な話をする。

15 成果を出す人は相手に聞いているサインを送り、
   損をする人は何も送らない。


第3章 ▼▼▼自己紹介 編

16 成果を出す人は30秒で自己紹介し、
   損をする人は3分かかる。

17 成果を出す人は未来の話をして、
   損をする人は現在・過去の話をする。

18 成果を出す人はメリハリのつけ方を知っていて、
   損をする人は知らずに話す。

19 成果を出す人は小道具に頼り、
   損をする人は自分の話術で勝負する。

20 成果を出す人はからだ全体で表現し、
   損をする人は言葉だけで表現する。

21 成果を出す人は大勢の前で1人に語り、
   損をする人は全員に語りかける。

22 成果を出す人は原稿をメモにして、
   損をする人は原稿用紙にびっしりまとめる。


第4章 ▼▼▼相手と信頼関係を築く伝え方 編

23 成果を出す人は雑談が9割を占め、
   損をする人は本題が9割を占める。

24 成果を出す人は相手との共通点を話題にして、
   損をする人は相手の関心事を話題にする。

25 成果を出す人はほめ上手、
   損をする人はおだて上手。

26 成果を出す人は相手を「○○さん」と呼び、
   損をする人は相手の名前を呼ばない。

27 成果を出す人は相手と45㎝離れて話をし、
   損をする人は30㎝の距離で話す。

28 成果を出す人は自分の弱みを得意げに話し、
   損をする人は得意なことを話す。

29 成果を出す人は「それで?」を返し、
   損をする人は「だから?」で返す。


第5章 ▼▼▼文章の書き方 編

30 成果を出す人は1人に向けて書き、
   損をする人は万人に向けて書く。

31 成果を出す人はくどい文章を書き、
   損をする人はシンプルな文章を書く。

32 成果を出す人はメールの件名にこだわり、
   損をする人は本文にこだわる。

33 成果を出す人は文章を熟成させ、
   損をする人は新鮮さで勝負する。

34 成果を出す人は見せる文章を書き、
   損をする人は読ませる文章を書く。

35 成果を出す人は抜けもれなく文章を書き、
   損をする人は抜けもれが多い。


第6章 ▼▼▼報告・連絡・相談 編

36 成果を出す人はいつもメールで報告し、
   損をする人はいつも直接報告する。

37 成果を出す人は最初に「相談があります!」と言い、
   損をする人は最後に「どうしますか?」と尋ねる。

38 成果を出す人は悪い報告から先にし、
   損をする人はいい報告からしたがる。

39 成果を出す人は「そこで……」を効果的に使い、
   損をする人は「しかし……」を使う。

40 成果を出す人は事実と意見を分けて報告し、
   損をする人はごちゃまぜで報告する。

41 成果を出す人は上司から指示を引き出し、
   損をする人は上司から指示を受ける。


第7章 ▼▼▼人を動かす、人を説得する伝え方 編

42 成果を出す人は相手に勝ちを譲り、
   損をする人は自分の勝ちにこだわる。
 
43 成果を出す人はさりげなく自己主張をし、
   損をする人は力強く自己主張する。

44 成果を出す人は言いたいことを3つに絞り、
   損をする人は思いついたことを話す。

45 成果を出す人は期待効果で人を動かし、
   損をする人は目的+指示で動かそうとする。

46 成果を出す人は相手に決断させ、
   損をする人は相手を説得しようとする。

47 成果を出す人は相手が「Yes!」と答える質問をし、
   損をする人は「No!」と答える質問をする。

48 成果を出す人は他者の言葉を借り、
   損をする人は自分の言葉で語る。

49 成果を出す人は3つの言葉で語り、
   損をする人は1つの事実で伝える。

50 成果を出す人は質問を使い分け、
   損をする人は単純な質問しかしない。

神奈川県 S.Sさん 28歳 男性
2016年3月14日 13:34

本の帯の文章「話し上手になる必要なんてありません」が
今の自分の悩みに直結していたため購入。
日常生活の中ですぐに実践できそうな内容ばかりで、
1つ1つ試しながら、自身の向上につなげたいと思いました。

コメントを送信する
名前
メールアドレス
返信
※ご記入いただいたメールアドレスにお返事させていただきます
トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/5169
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣
著者/横山 信治
定価/1400円+税

改訂版 はじめての会社経営100問100答
改訂版 はじめての会社経営100問100答
著者/出口秀樹税理士事務所:編著  出口 秀樹/福澤 康弘/中村 明博:著
定価/1600円+税


やり抜く技術
やり抜く技術
著者/伊東 泰司
定価/1500円+税

CD BOOK 超英語思考トレーニング
CD BOOK 超英語思考トレーニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1600円+税