書籍カテゴリ
ビジネス書
語学
情報板
書評・読者コーナー

単語の多さ、見やすさ、発音のわかりやすさ、タイトル! 1日にページ数を決めて繰り返し、勉強出来ている
2017:10:10:19:31:03 2017.10.10更新
非常に良かった。 マネーゲーム的な運用に疑問を感じていたので、その疑問を解消してくれる本だった。
2017:10:03:20:38:00 2017.10.03更新








明日香出版社について
TOP >>
 社長業!営々黙々とやっております >>
 極東ロシアを訪問してきました。 ハバロフスク、ウラジオストク
社長業!営々黙々とやっております

極東ロシアを訪問してきました。 ハバロフスク、ウラジオストク

小売業視察ツアーに参加してきました。
今回は極東ロシアであるハバロフスク・ウラジオストクの小売業と経済視察です。

写真:ウラジオストクの港(軍港、漁港、コンテナターミナルに区分されている)
DSC02248.JPG


ソ連時代、外国人はモスクワ以外の土地へ行くことを禁じられました。中でも極東は不凍軍港であるウラジオストクをはじめとして軍事施設があり、経済よりも機密が優先されていました。そんな過去を持つ極東の街並みは華やかなモスクワとまったく違い、どこか20年前の中国を思わせるような建物が多く、まさにこれから発展をしていく様相でした。


写真:HONDAのLEGEND(KB1無限)、富豪のクルーザー、ハバロフスクの市場(2枚)、書店
DSC02400.JPGDSC02460.JPGDSC02101.JPGDSC02117.JPGDSC02673.JPG
ロシアは1990年代に共産主義から資本主義への転換を図ります。現在の人々の暮らしぶ りは日本人も及ばない大富豪がゴロゴロいる反面、質素に暮らす人が多数います。しかし貧しさを感じるほどではありません。GDPで言えば日本の1/3ほどのロシア。経済制裁などを受けながらも貿易収支はなんとか黒字を維持しているというから驚きです。プーチン大統領の手腕(独裁?)が物を言わ している感じでしょうか。

写真:シベリア鉄道客室
DSC02188.JPG移動でシベリア鉄道に乗り11時間かけてウラジオストクを目指しました。この線路はシベリア抑留された方々の多くの犠牲の上に作られたもの。視察団全員で日本人墓地
へお参りをさせてもらいました。『国益』のために他国の人命を犠牲にしたこの行為をシベリア鉄道が後世に残しているように思います。経済視察とは違う視点で考える機会をもらいました。



  
コメントを送信する
名前
URL
過去の情報

トラックバック
トラックバックURL : http://www.asuka-g.co.jp/mt_sys/mt-tb.cgi/6131
※トラックバック承認制を適用しています。
サイト内検索
google

今月の新刊

人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
人前で「あがらない人」と「あがる人」の習慣
著者/鳥谷 朝代
定価/1400円+税

西郷隆盛その生涯
西郷隆盛その生涯
著者/不破 俊輔
定価/1500円+税

世界標準の仕事の教科書
世界標準の仕事の教科書
著者/福留 浩太郎
定価/1400円+税

CD BOOK 超英語思考リスニング
CD BOOK 超英語思考リスニング
著者/イムラン・スィディキ
定価/1650円+税